バスケの2対1の場面で必ずシュートを決める方法

 

せっかくバスケで2対1の場面にもって行けたのにシュートを決められずに相手ボールになってしまう、なんて経験はありませんか?

 

やっぱり、2対1の場面までもって行けたのなら絶対にシュートを決めたいですよね?

今回は2対1のときに絶対に相手にとられずにシュートまでもっていき、自分たちの得点につなげる方法について紹介していきたいと思います。

 

自分の場合、2対1にまでもって行けたとしてもシュートまでつながらずに相手ボールになってしまう、なんてことが何度もありました。

しかしこの方法を覚えてからは、ほぼ高確率でシュートまでもっていき自分たちの得点につなげることができるようになりました。

 

これは自分の1対1の力が強くなったとかそういうわけではありません!まあ正直1対1が強くなってしまえばどんな状況でも1人でやれてしまうので結構いいのですが、今回はすぐに1対1を強くしろと言われても無理な話なのでもっと簡単にできる方法について紹介していきます。

ポイントは「相手をだますこと」です。

 

あなたは悪い意味で正直者であるがために相手にあなたの動きが読まれてしまい、カットされてしまうのです。

なのでこの時だけは相手をだましてやるという気持ちになってください。

このポイントをつかむことで相手はあなたのことを止められなくなります。

 

これから紹介するのは2対1のときに必ず相手から得点をとる方法で大きく分けてポイントは2つです。

 

この記事を読んでいただければ

・相手にカットされることはなくなる

・自分たちの得点につなげることができる

 

こんな風に、2対1で絶対に相手から得点をとることができます。

 

逆によまなければ

・相手にあなたが何をしたいか読まれてしまう

・その結果得点につなげられない

このように、自分たちの得点にならないだけではなくもしかして相手のパスカットから相手にシュートを決められてしまうかもしれません。

 

ぜひ、2対1の攻め方を覚えて自分たちのチャンスをどんどん作っていきましょう。

 

LINE@も紹介しているのでぜひ読んでみてください。

LINE@登録はこちら

相手より自分の行動を後にする

ポイントは「相手をだますこと」だと先ほど紹介しました。

 

まずは、相手をだますことを意識せずに普通にパスを出そうを思って味方にパスを出してください。

あなたはその時絶対にパスを出してやろう、としか考えていないはずです。ということはあなたの意識は必ずそこに向くので相手にパスカットをされやすくなってしまいます。

 

ではどうしたらいいのか?

 

相手をだましましょう!

ただ相手をだますといってもイメージがわかないので、先ほどのようにパスを出すというシーンでイメージをしてみたいと思います。

 

あなたはパスをしようとしているので相手の意識もそこに集中します。そこで、パスを出すふりをしつつ相手の裏をかき自らシュートまでもっていってください。

それだけで、相手は反応できずにあなたにだまされた、ということになります。

 

意外に簡単そうじゃないですか?全然難しくありません。

もしここで相手がパスに全く反応してこないようでしたら、そのままパスを出せばいいだけです。

なので、あなたは相手が行動してから、その行動の後に相手の行動と真逆のことを行ってください。

 

例1)あなたがパスをしようとして相手があなたのパスに反応したらドリブルをしてリングまでもっていく

例2)あなたがパスをしようとしているのに相手はパスに反応しないようだったら、パスを出してしまう

ドリブルの付き方

ここで注意すべきことは意外にもドリブルの付き方です。

なぜ注意すべきかというと、あなたが右側を走りながら右手でドリブルをしていたとします。

そうするとディフェンスは守りやすくなってしまいます。

 

なぜかというと、あなたからのパスがないことがわかってしまうからです。ここで左側にいる味方にパスを出そうとする場合、味方は左側にいるわけですので1回ボールを左に持ち替えないといけません。

その間に相手にはパスすることがバレてしまうわけです。

 

なのでこれは少し難しいかもしれませんが、なるべく味方に近いほうの手、つまり内側の手でドリブルをするようにしてください。

 

内側の手でドリブルすることで外側の手でドリブルするときよりも、味方にパスを出しやすくなるのであなたがパスをするふりをするだけで、相手は敏感に反応してくれるようになります!

 

まとめ

どうでしたか?案外いけるとおもいませんか?

 

バスケで2対1は自分たちのほうが人数が多いので必ずシュートを決めることができるんです!

ポイントだけ簡単にまとめます!

 

・自分は相手のとった行動を見た後に行動する

・味方がいる側の手でドリブルをする

→相手がパスを警戒して敏感に反応してくれるようになるから

 

もし相手に、自分は騙されないと思っているような感じで引き気味に守っている人がいたのなら大チャンス!

あなたのリズムでジャンプシュートを放ってください!

 

相手をだましてシュートを決めたとき、なかなか楽しいですよ笑

 

LINE@も紹介しているのでぜひ読んでみてください。

LINE@登録はこちら

ABOUTこの記事をかいた人

バスケ・筋トレが好きな大学生です。 大学に入学して何か始めてみようと思いブログを始めることにしました。 現在はバスケ初心者に向けての記事を投稿しつつ、大学に通っています。 小学2年生から現在まで続けてきた約10年間のバスケの知識で、バスケの悩みを解決します!