バスケのパスのもらい方 簡単にパスがもらえる方法

 

バスケでパスをもらうときってどのような

動きをしていますか?

 

多分、ボールだけを見てどんな動きをしようかなどとは考えたりしないかもしれません。

 

その結果、ボールは相手も見えている状態なので相手が自分のところに飛んできたボールをカットしやすくなってしまいます。

 

今回は、バスケにおいて使えるパスのもらい方について紹介していきたいと思います。

 

LINE@も紹介しているのでぜひ読んでみてください。

LINE@登録はこちら

 

パスをもらうためにすべきこと

パスをもらうために絶対しなくてはいけないことがあります。

 

それは、

 

相手にパスをとられないようにすることです。

 

 

「そんなのあたりまえじゃん!」

 

と、思うかもしれません。

 

 

ですが、案外できていない人が多いので結果パスが相手に取られてしまうということにつながってしまいます。

 

では、どのようにしたら相手にとられなくなるのかその方法について3つ紹介していきたいと思います。

 

パスをもらうためにすること①

ではまず、パスをもらうためにすることの1つ目を紹介していきます。

 

1つ目は、

 

 

相手をおさえることです。

 

抑えるといっても、相手が動けないように抑え込むのではなくパスを片手でもらうようにして、もう片方の手で相手を抑えなるべく相手から遠いところでパスをもらうようにします。

 

そうすると、相手からボールの位置は遠いのでパスをしっかりと受けることができます。

 

パスをもらうためにすること②

パスをもらうためにすることの2つ目を紹介していきます。

 

まずパスをもらうためには相手の目の前にパスを出すわけにはいかないので相手との距離がある必要があります。

 

 

なので、相手との距離を意図的に作ってやります。

 

 

相手との距離を作るためにやることはVカットというものです。

 

Vカットはとても簡単です。

 

 

まず、もらいたい位置を決めておきます。

 

次に、そのスペースに空間ができるように、相手を内側に押し込みます。

 

すると、自分のボールが欲しいところにスペースができるので、そこに仲間にパスを出してもらうというものです。

 

 

すると相手とのスペースも生まれ次のプレーにつなげやすくなります。

 

パスをもらうためにすること③

パスをもらうためにすることの3つ目を紹介します。

 

3つめは2つ目の応用編です。

 

2つ目で述べた通り、相手を押し込んでやってスペースを作ればある程度はパスが通ります。

 

 

しかし、ディフェンスがそれを読んでいて対応されるということも考えられるので、そんなときに使える方法をこれから紹介します。

 

それは、

 

 

相手の裏をかくです。

 

 

相手が2つ目のパスに対応しているのなら必ず相手は体重があなたがパスをもらいたい方向にかかっていて、意識がボールをあなたにあるはずです。

 

なので、あなたはその逆をついて相手の背中側の方向に走ってください。

 

 

すると、相手はそれには対応できず簡単に振り切られます。

 

この時に、パスを空間に出すというものが役に立ちます。

 

まとめ

今回は、パスをもらうためにすることについて書きました。

では、今回の要点をまとめていきます。

 

~今回の要点~

・相手より遠い位置でボールをもらう

・意図的にパスをもらうスペースを作り出す

・相手が読んでいたらその逆を狙う

 

 

この3つの要点を意識して、頑張ってください!

 

今回はパスのもらい方について書きましたが、パスの出し方についての記事も書いているのでそちらもぜひ参照してください。

確実に仲間にパスができる方法

 

LINE@も紹介しているのでぜひ読んでみてください。

LINE@登録はこちら

ABOUTこの記事をかいた人

バスケ・筋トレが好きな大学生です。 大学に入学して何か始めてみようと思いブログを始めることにしました。 現在はバスケ初心者に向けての記事を投稿しつつ、大学に通っています。 小学2年生から現在まで続けてきた約10年間のバスケの知識で、バスケの悩みを解決します!