バスケのリバウンドってポジション関係ないの!?

 

バスケのリバウンドってポジションに関係あると思いますか?

 

ポイントガードだから身長が小さいせいでリバウンドがとられてしまうということは、ありませんか?

今回は、身長が小さいせいでリバウンドをとられてしまうというあなたのために、どんなに身長が低くてもリバウンドが取れてしまう方法について話していきます。

 

身長が低いために、周りの人にリバウンドをとられてしまうということが多いですよね?

リバウンドをとるために高く飛ぼうと思うけど、やっぱり相手の身長が高いがためにリバウンドが取れないってのはよくあります。

 

自分の場合、比較的周りより身長が低かったためにどれだけ頑張ってリバウンドをとろうと思ってもなかなか身長が高い相手からとることはできませんでした。

周りは基本的に自分より高かったので、誰にも勝てないというのはとても悔しかったです。

そんな自分でも、今では身長が高い相手に対してでもリバウンドをとることができるようになりました。

 

これは、自分の身長が伸びたからなんて理由ではありません!

ポイントは「チームでリバウンドをとること」です!

自分でリバウンドを絶対取ってやろうと考えているから、リバウンドとれないのです。

あなたは身長が低いため、身長が高い人とリバウンド争いをしても勝つことはあまりありません。

しかし、このポイントをつかめばあなたも、そしてチームでリバウンドをとれるようになります。

 

どんなにあなたが身長の高い相手からリバウンドをとろうと考えても上から落ちてくるボールに手が近いのは絶対に相手なので上で勝負しようと思っても、基本的に勝つことができません。

上で勝とうと思うなら、今より身長を伸ばすか、ジャンプ力をめっちゃ高くするかですよね。

この2つはすぐにできるようなことではありません。

そもそもこの2つを考えている人はこの記事を読んでいないはずです。

 

そこで今回、周りが自分より身長が高い中でも、あなたがリバウンドをとることができてしまう方法について紹介していきます。

 

これから紹介するのは、あなたがどれだけ身長が低くても関係なく身長が高い相手からリバウンドが取れる方法で、大きなポイントは2つです。

 

この記事を読んでいただければ

・身長に関係なくリバウンドをとれるようになる

・リバウンドが取れるので自分たちの攻めるチャンスが増える

・リバウンドが取れることで相手がシュートを外せば相手の点数を減らすことができる

 

こんな風に、リバウンドが取れれば自分たちは攻めれて相手の点数は伸びないという特典が付いてきます。

 

逆に読まなければ

・リバウンドをとることができない

・相手がシュートを決めるまで何回も相手にチャンスを与えてしまう

・自分たちがシュートに行くチャンスが減る

 

という風に、相手が攻めた分だけシュートを決められ自分たちの攻めるチャンスが減り、もし自分たちがシュートを外してしまったら点数は絶対に入りませんし、相手との差は一瞬で開いていきます。

 

ぜひ、リバウンドをとる方法を覚えて相手が外したシュートを自分たちの得点にしていきましょう!

 

LINE@も紹介しているのでぜひ読んでみてください。

LINE@登録はこちら

自分1人でリバウンドをとることをやめよう

まず初めに、あなたに意識してほしいことが「自分1人だけでリバウンドをとるということをやめる」ということです。

 

というのも自分の場合、意地っ張りであったために何としてでも180cmくらいのでかい相手からも自分1人の力で必ず取る、という感じで挑んだみました!

しかし、結果は予想通り全くリバウンドを取ることが出来ませんでした笑

 

その時自分の身長は165cmくらいだったんですけどずっとリバウンドをとってやろうと必死でした。

まぁ無茶ですよね笑

ですが、今の方法を覚えてからはリバウンドが取れるようになりました!

何も自分1人でリバウンドをとる必要なんて何ひとつないです!

むしろチームスポーツなんで当たり前ですが…笑

 

大事なのは「チームでリバウンドをとること」です。

自分1人でリバウンドをとるのではなくチームでリバウンドをとるんです。

なんか1人でやるよりチームでやったほうが心強くありませんか。

あなたにリバウンドをとるなと言っているわけではありません。あくまで自分たちの攻めるチャンスのためにチームでリバウンドをとるということです。

 

要するに、自分1人ではどうにもならなかったものもチームでどうにかできるということです!

 

上で勝負するな

はっきり言ってしまうと身長が低い人が上にあるボールを触ろうと思っても、絶対に身長が高い人より先に触ることはできません。

では、どうするのか…?

 

大きく分けてその方法は2つあります。

まずひとつ目はタイミングを狙うことです。

どういうことかというと、相手が空中でリバウンドをとって降りてきたときにあなたがジャンプして下からボールをとってやればいいのです。

 

タイミングは何度かやってみて感覚としてつかんでみてください。

 

ふたつ目は、下で勝負することです。

上で勝てずとも身長が低いことを武器にしてしまいましょう。

下では身長が低い人のほうが有利です。高い相手にボールをとられないように抑えたうえでボールが転がってきたらとらばいいです。

なにも上で勝負する必要なんてないです。有利なところで勝ってしまえばいいのです。

 

まとめ

どうでしたか?このように自分1人で高い相手に勝てなくとも、あなたは相手を抑えてチームでリバウンドをとれてしまえば勝ったも同然です。しかも、下で勝負できるので下のボールをとる力はあなたのほうが相手より圧倒的に強いです。

 

もう身長が低いことを理由にする必要なんてありません。

どんどんシュートチャンスを増やして相手と差をつけていきましょう!

 

LINE@も紹介しているのでぜひ読んでみてください。

LINE@登録はこちら

ABOUTこの記事をかいた人

バスケ・筋トレが好きな大学生です。 大学に入学して何か始めてみようと思いブログを始めることにしました。 現在はバスケ初心者に向けての記事を投稿しつつ、大学に通っています。 小学2年生から現在まで続けてきた約10年間のバスケの知識で、バスケの悩みを解決します!