バスケで得点につなげるための2つのこと

 

バスケをするとき、あなたにはシュートを打つときどんなことを意識して打っているでしょうか?

 

多分、外からのシュートが得意だからとずっと外からシュートを打っているとそのうち相手に対応されてしまうようになってしまいます。

 

では、対応されないためにはどのようなことをしていけばいいのか、今回はバスケで得点につなげるために必要な2つのことについて話していきます。

 

LINE@も紹介しているのでぜひ読んでみてください。

LINE@登録はこちら

 

 

シュートに対応される原因

仮にあなたがめちゃめちゃ外からのシュートを練習して、100%入りますっていう自信をつけたとします。

 

でも、あなたは外からしかシュートを打ちません。

こんな時相手はどう思うでしょうか?

 

きっと、

 

「あ、こいつ外からしか打たないから外だけ守ればいいや!」

です。

 

あなたも得意な外からのシュート最初は入っていて気持ちがよかったものの、相手に対応されてきてしまったら入るシュートも入らなくなってしまいますよね?

 

そう、ここで外からだけで勝負するっていう事はまず無理なことがわかると思います。

 

 

まあ、ここでは外からだけで相手も外からシュートを打つことを知っているのにバンバン決めてしまうようなNBAのような選手は例外とします笑

 

じゃあ外からのシュートを打ちたいが相手に対応されてしまった場合はどうするか、をつぎに考えていきます。

 

外から打ちたいならまず狙うべきポイント

先程のように外から打ちたい、シュート力はあるのに相手に対応されてなかなかシュートを決めることができない、、、。

 

という場合は解決策があります。

 

 

それは中に切り込むことです。

 

「え、そしたら外からのシュート打てないじゃん!」

 

と思うかもしれませんが、これをすることで逆に外からのシュートはバンバンうつことができます!

 

なんで、外からのシュートが打てるようになるのか?

 

 

それは、相手はあなたが外からのシュートを打ってくるのか、それとも中に切り込んでくるのか分からなくなるからです。

 

分からなくなるということは中に切り込むふりをすれば相手は反応してくれるようになります。

逆にシュートを打とうとするとそれにも反応してくれるようになります。

 

 

ということは、相手を抜くこと外からシュートを打つこともあなた次第でどうにでもできます!

 

この2つができるようになると、大体の相手はあなたについてこれなくなりあなたは簡単に相手に勝つことができるようになります。

 

ここでシュートを落としてしまっては勿体ありません、、。

なので簡単にシュートを決めることができる方法とまではいきませんが、意識的な下のリンクで紹介していますので、シュートがなかなか入らないという人は見てみてください!

バスケのシュートが簡単に入る方法 狙うべきは!?

 

しかし、ここでは中に切り込むときのドライブ力も必要になってくるので、

シュート練習と一緒に下のリンクを参考に相手を抜く練習もしてみてください。

どうしても相手を抜き去りたいなら、、

バスケで1on1で相手を置き去りにする抜き方

 

まとめ

どうでしたか?

 

今回はシュートが対応されてしまう原因とそうなった場合の対処法について書きました。

 

バスケはシュート・ドライブができてしまえばその応用はすぐ出来てしまいます。

なので相手に対応させないためにはシュート・ドライブこの2つを徹底的に練習してください!

 

ではまず、「シュートを打つふりから相手が対応しようと寄ってきたところを勢いよく抜く」というのから始めてみましょう!

LINE@も紹介しているのでぜひ読んでみてください。

LINE@登録はこちら

 

ABOUTこの記事をかいた人

バスケ・筋トレが好きな大学生です。 大学に入学して何か始めてみようと思いブログを始めることにしました。 現在はバスケ初心者に向けての記事を投稿しつつ、大学に通っています。 小学2年生から現在まで続けてきた約10年間のバスケの知識で、バスケの悩みを解決します!