バスケのドリブル 「その場でつけるようになる」

皆さんバスケをしていて、ドリブルってなかなか自分の思うようにいかなくないですか?

 

まずはその場でドリブルがつけるようになりましょう!

 

今回は、自分の思うようにドリブルができるようになる方法についてまとめていきます。

 

LINE@も紹介しているのでぜひ読んでみてください。

LINE@登録はこちら

 

まずは、その場で

まずは、その場で動かないでドリブルができるようにしましょう。

 

多分その場で動かないでつくのも、ボールが思うように動かなくて難しいと思います。

ここでできている人はいいのですが、ほとんどの人は地面にボールをたたきつけてしまっている状態で手のひらでボールをペチペチしてしまっていると思います。

 

なので、まず次に紹介することを意識してみてください。

ボールのつきかた

まずは、ボールのつきかたについて紹介していきます。

ボールをつくときはペチペチと手のひらでつくのではなく、「指の腹」、「指の第一関節」でボールをついてみてください。

 

つくときは手首は何かをこねるように、肘で押しだすイメージでついてください。

でも、こねるのを意識しすぎてボールの下に手がいかないようにしてください。

 

ボールを持ったとみなされて、ダブルドリブルという反則行為になってしまいます笑

 

人間は関節を自在に動かせるので、手のひらでついていて思うようにいかなかったボールもきっと今よりは、自分の思うように動いてくれるようになります。

 

ボールの位置

次に、この前に話したボールのつきかたが上手くできるようになったらボールの位置も意識してみてください。

 

このボールの位置を意識することによって、もっと安定してドリブルをつけるようになり相手からも取られずらくなります。

 

もし、相手がいるのに相手の目の前でドリブルをしているとします。

するとどうなりますか…?

 

きっと相手はボールが目の前にあるんだからとると思います。

 

そうならないために、自分の体の横でボールをついてください。

そして、ボールをついてないほうの面を相手に向けることによってボールは相手から最も遠い位置にきて、相手からとられずらくなります。

 

まとめ

今回は、ドリブルのつきかた「まずは、その場でつけるようになること」について書きました。

その場でしっかりつけるようにならないと動いたときに、変なところにボールがいってしまいます。

 

しっかりまっすぐボールを自分の思うようにつけるようになってくれるといいな、と思います。

こちらの記事もぜひ見てください。

バスケのドリブル 「動きながらドリブルをする」

 

LINE@も紹介しているのでぜひ読んでみてください。

LINE@登録はこちら

 

ABOUTこの記事をかいた人

バスケ・筋トレが好きな大学生です。 大学に入学して何か始めてみようと思いブログを始めることにしました。 現在はバスケ初心者に向けての記事を投稿しつつ、大学に通っています。 小学2年生から現在まで続けてきた約10年間のバスケの知識で、バスケの悩みを解決します!